FC2ブログ
登校拒否の部屋
登校拒否、不登校、引きこもり、青少年問題を子どもの立場から考えます。 参考 登校拒否研究室 インターネット小児心療内科医院

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

いじめのターゲット

 いじめとは自分の辛い状態を、他人を遊び道具として遊ぶことで、自分の辛い状態を解消しようとするものです。いじめを続けるには、遊び道具になった他人が、遊び道具であり続けなければなりません。他人を遊び道具にするには、遊び道具にされる人がいじめをする人よりも弱くなくてはなりません。それではいじめられないためには、武道などをして、人に負けないものを持てばよいという発想になりますが、それは必ずしも正しくありません。多勢でいじめをするときには武道などで強いお子さんもターゲットになる場合があります。いくら武道に強くても、一人一人の相手より強くでも、多勢にはかないませんから。

陰湿ないじめについて、いじめられる人を考えるとき、次の三点を考える必要があります。
1.いじめられる人がいじめる人たち(集団も含む)より弱くなくてはなりません。いじめられる人はいじめる人たちより強いといじめを行うことができないからです。
2.いじめをしても逃げられない人をいじめのターゲットにします。いじめを受ける人がいじめから逃げ出したら、いじめを続けることができません。
3.いじめはいじめられる人をいじめのグループに取り込んだ形でなされます。

つまり、いじめのグループは階層構造をしています。その階層構造の一番下にいる人がいじめの対象になります。いじめのグループのメンバーは、グループの中でいじめの対象にならないために、絶えず自分より階層の低い人を確保しておく必要があります。自分より階層の低い人を逃げ出さないようにしなければなりません。自分より階層の低い人がいなくなると、自分がいじめられるからです。

いじめはいじめをすることに意味があります。いじめをして楽しむことに意味があります。ですから、いじめは遊びの形をなしているために、周囲の人にはいじめとはわかりにくいです。いじめと疑っても証拠がない場合が多いです。いじめられる人は上記の3つを満たす人と言うことになります。その際に、いじめられる人の容貌や性格はいじめられる条件にはなりません。ただし、いじめが発覚して、いじめの原因を調べられたときには、子どもたちはいじめられた人の欠点を理由に挙げています。

子どもの中には「あいつを見るといらいらしてくるからあいつをいじめる」と言う子どもがいます。それはターゲットを見るといらいらしていじめてしまうように見えますが、本当はいらいらする要素がすでにあり、ターゲットを見るといらいらを発散させたくなるという意味です。髪の毛がぼうぼうの人、ふけ症の人、服がぼろぼろの人、おどおどした人などがターゲットにされやすいという人がいますが、そのような人はターゲットになったとき逃げ出せない人が多いからです。すでに辛い状態にあり、エネルギー不足になっているから髪の毛にも配慮できないし、ふけにも配慮できないし、服にも配慮できないし、行動がおどおどしてきてしまっています。そのような人がいじめの階層の一番下になってしまいます。
スポンサーサイト
【2005/03/11 09:22】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

PROFILE

オフィス
  • Author:オフィス
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
  • 02 | 2005/03 | 04
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

  • 動画(07/04)
  • ちひろのエロ日記(05/31)
  • e-アフィリ(05/16)
  • Kengo(03/17)
  • ベンカン(03/10)
  • Toria(03/09)
  • Toria(03/09)
  • RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    LINKS

    SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。