FC2ブログ
登校拒否の部屋
登校拒否、不登校、引きこもり、青少年問題を子どもの立場から考えます。 参考 登校拒否研究室 インターネット小児心療内科医院

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

虐められる子どもが虐める子どもに 5

 このいじめ、いじめられの集団は、部外者から見たら遊び仲間に見えます。とても仲良く遊んでいる子どもたちのグループに見えます。とてもいじめが行われているとは見えません。その他のしく遊んでいる姿に、同級生などの周囲の子どもたちが巻き込まれ、時には教師などの大人も巻き込まれて、遊びが行われます。それはますますいじめる子どもたちを楽しくして、いじめられている子どもは一見楽しそうに遊ばれていますが、心の奥底では辛さに一生懸命耐えて、遊ばれている時間を乗り切ろうとしています。
スポンサーサイト
【2006/12/28 18:25】 不登校 | トラックバック(0) | コメント(0) |

虐められる子どもが虐める子どもに 4

 このいじめられるのを避けるためにいじめる子どもたちは、絶えず自分がいじめる相手を逃がさないようにしています。自分がいじめる相手を逃がすと、自分がいじめられとても辛くなるからです。それはいじめられっぱなしの子ども(いじめの底辺)がいじめから逃げ出せないように、あらゆる事をされることになります。
【2006/12/26 21:08】 不登校 | トラックバック(0) | コメント(0) |

虐められる子どもが虐める子どもに 3

 そこで「いじめる子ども」、「そのいじめる子どもにいじめられているが、同時に他の子どもをいじめる子ども」、「そのいじめられていたが、他の子どもをいじめる子どもにいじめられる子ども」という、いじめ、いじめられの子どもの集団が出来てきて、その集団の中に、階層構造が出来てきます。その集団の中では、基本的にはいじめる子どもが一人(いじめの頂点)、いじめられっぱなしの子どもが一人(いじめの底辺)、いじめられるのを避けるためにいじめる子どもが何人(中間のいじめ)かという子どもの集団です。
【2006/12/25 18:31】 不登校 | トラックバック(0) | コメント(0) |

虐められた子どもが虐める子どもに 2

 いじめられていた子どもの辛さはとても大きい場合が多いです。ですからそのいじめられていた子どもが他の子どもで遊ぶ場合、その遊び方はからかうという程度を越えて、いじめになっている場合が多いです。新たにいじめられる子どもが出てきます。
【2006/12/21 15:29】 不登校 | トラックバック(0) | コメント(0) |

いじめられる子どもがいじめる子どもに 1

いじめられる子どもがいじめる子どもに

 いじめられる子どもの中で、いじめられっぱなしではなくて、いじめられた辛さを何かで遊ぶことで解消しようとする子どもが出てきます。それはいじめる子どもが自分の辛さを何かで遊ぶことで解消しようとするのと同じです。いじめられた子どもがその辛さを何かで遊ぶことで解消しようとするとき、その遊ぶ道具がなくて、他の子どもで遊ぶ、他の子どもをからかうことで遊ぶ子どもが出てきます。
【2006/12/18 19:03】 不登校 | トラックバック(0) | コメント(0) |

訴えが消される! 1

訴えが消される

 私が壁に穴を開けたり、窓ガラスを破って荒れているとき、私は壁やふすまに、「おまえらを呪ってやる!」とサインペンで何回か書きました。その書いた私の字を、両親は洗剤や揮発油で、一生懸命、苦労をして消してしまいました。また、私が手首をカミソリで切って、その血で壁に書いた「おまえら、死ね!」という文字も、両親が消してしまいました。両親は壁の字を消すことだけに一生懸命でした。私が拳でカラスを破っても、両親はガラスや窓を直すことばかりを気にして、そのときできた私の傷には全く配慮をしてくれませんでした。
【2006/12/14 15:36】 不登校 | トラックバック(0) | コメント(0) |

子どもが母親の愛情を感じるとき 5

子どもの要求は100%認めること

子どもが何かを要求するにはそれなりの子どもとしての意味があります。ただし大人にはそれが分かりません。ですから、子どもの要求を信頼して100%かなえてあげることが必要です。ただし、決して100%以上ではいけません。100%以上だと、子どもは親に依存を生じてしまうからです。100%以下では、子どもは親に不信感を持ってしまいます。親の理由として子どもの要求を100%かなえられないときには、子どもと交渉する必要があります。子どもは優しいですから、その交渉の結果を受け入れて納得してくれます。親に対して不信感を持ちません。
【2006/12/13 19:52】 不登校 | トラックバック(0) | コメント(0) |

子どもが母親の愛情を感じるとき 4

子どもの行動を素直に認めること

子どもの話を丁寧に聞くこと。子どもの行動や反応をそのまま素直に認めることです。大人は一般に、子どもの行動にいろいろな理由付けをして、理解しようとします。その理由付けが正しければそれでも良いのですが、まず正しいことはないです。子どもの行動や反応の大半は、受けた刺激に反射的に反応して行動しているからです。そこには大人の考えるような理由がないからです。

【2006/12/12 16:52】 不登校 | トラックバック(0) | コメント(0) |

子どもが母親の愛情を感じるとき 3

スキンシップ
母親とのスキンシップは、それだけで子どもの心に安心感を与えてくれます。母親とのスキンシップで、子どもの辛い心が消失していきます。子どもが辛ければ辛いほどスキンシップが大切です。抱いてあげること、手を握ってあげること、背中をさすってあげること、一緒に寝てあげること、一緒にお風呂に入ってあげることなどが良いようです。これは母親でなくてもできることですが、母親にしてもらうとその効果はとても強く作用します。
【2006/12/10 18:52】 不登校 | トラックバック(0) | コメント(0) |

子どもが母親の愛情を感じるとき 2

ある場所で母親の愛情とは何ですか?との質問がありました。ある母親は時間がたつと分かること、またある母親は信頼だと、また、ある母親はスキンシップで伝わる物だと言いました。これらは当たっています。母親と子どもとの間の愛情とは、母親と子どもとの間の信頼関係と言い換えることができます。その母親と子どもとの信頼関係を高めていく方法は、次の三つになります。
【2006/12/09 18:38】 不登校 | トラックバック(0) | コメント(0) |

子どもが母親の愛情を感じるとき 1

子どもが母親の愛情を感じるときとは2006/11/22

子どもが一番信頼する母親が、登校拒否、不登校の子どもに学校には行かなくて良いと言うことで、登校拒否、不登校の子どもの心の中の葛藤を解消してくれます。安全な場所で、子どもが辛い心を癒そうとする行動を、そのままそれでよいと認めてくれる母親の存在は、子どもにその自分の辛い心を癒そうとする行動に没頭し、それを卒業し、次の何かを求める行動に繋がっていきます。それと同時に、母親の存在は、それだけで辛い子どもの心を癒してくれます。それは母親と子どもとの信頼関係がいかに子どもの心を安定化させて、成長していくことを認めるからです。
【2006/12/07 16:50】 不登校 | トラックバック(0) | コメント(0) |

社会に出たら、又疲れてしまうかも 6

蛇足
現在、学校制度をやっとの思いで終えて、就職という社会生活をしている人たちがいます。その人たちの中には、やっとの思いで仕事をこなしている人たちがいます。仕事以外のことを考える余裕がないです。当然結婚のこと、結婚の結果の子育てのことを考えることができない、考えても自信がないです。結婚生活に飛び込んでいけない人たちがいます。それも多いと言われています。あまりにもまじめに、よそ見をしないで、学校制度に沿って成長したために、社会の中で生きていく能力、問題の解決能力を育てることのできなかった人たちです。

終わり
【2006/12/05 15:33】 不登校 | トラックバック(0) | コメント(0) |

社会に出たら、又疲れてしまうかも 6

学校の外の社会では、人はいろいろな問題にぶつかる可能性が高くなります。学校制度に乗って進んできて、社会経験がない人たちには、どのようにしてその問題を解決して、生きていったらよいのか分からなくなるからです。今まで失敗を経験していないから、失敗を経験してもその失敗を咎められてしまい、失敗を取り戻す経験をしていないから、社会の中ではとても不安になっています。
【2006/12/01 18:35】 不登校 | トラックバック(0) | コメント(0) |

PROFILE

オフィス
  • Author:オフィス
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
  • 11 | 2006/12 | 01
    S M T W T F S
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

  • 動画(07/04)
  • ちひろのエロ日記(05/31)
  • e-アフィリ(05/16)
  • Kengo(03/17)
  • ベンカン(03/10)
  • Toria(03/09)
  • Toria(03/09)
  • RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    LINKS

    SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。